過去への扉 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの過去への扉無料サンプル&試し読み


幼くして死に別れた母のことをもっと知りたい――レブルはその一心で、亡き母の思い出の場所だったという、デイヴンポート・ホールを訪れた。屋敷の主の伯爵ヒューは、若くて長身の見目麗しい男性。彼は、兄夫婦が遺した姪の世話にほとほと手を焼いているらしく、冷淡と言うほかないような態度で少女に接していた。周囲から疎まれ、意固地に心を閉ざす幼い少女の姿に、レブルは天涯孤独だった昔の自分を重ね合わせた。そして衝動的に、1週間屋敷にとどまると申し出るが……。



過去への扉無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


過去への扉詳細はコチラから



過去への扉


>>>過去への扉のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



電子書籍を購入するというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れることを意味するわけです。サービスの提供が終了してしまうようなことがあると利用不可になってしまうので、しっかりと比較してから安心して利用できるサイトを見極めることが大事です。
最近はスマホ経由で楽しめる趣味も、更に多様化が顕著になっています。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍や簡単に楽しめるスマホゲームなど、複数の選択肢の中から選択できます。
「全てのタイトルが読み放題だったら、こんなに良い事はない!」という利用者目線の発想に応えるべく、「月額料金を支払えば毎回の支払いは不要」という形式の電子書籍が登場したわけです。
書籍代は、1冊ずつの単価で見れば高くはないかもしれませんが、読みたいだけ購入していれば、月々の購入代金は高額になってしまいます。読み放題というプランなら利用料が定額のため、書籍代を抑制することができます。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、揃っている冊数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと考えます。売れ残って返本作業になるリスクが発生しない分、多岐に亘るタイトルを揃えられるわけです。


過去への扉の詳細
         
作者名 過去への扉
過去への扉ジャンル 本・雑誌・コミック
過去への扉詳細 過去への扉(コチラクリック)
過去への扉価格(税込) 540
獲得Tポイント 過去への扉(コチラクリック)