労働法 正しいのはどっち? 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの労働法 正しいのはどっち?無料サンプル&試し読み


労働法は大まかにいって、会社と個人の間の問題を解決するための法律です。対等な個人同士の利害の調整のためにつくられた民法と比較すると、労働法の当事者である会社(法人)とそこに雇われる社員(個人)との関係は、必ずしも対等とは言い切れません。ともすれば弱い立場になりがちな労働者を守る、という意味で、労働法には独特な考え方が含まれています。一方で、行きすぎた労働者保護を見直すために、経営側もさまざまな提案を国に対して働きかけており、そういったせめぎあいのなかで、労働法はこれまでに何度もブラッシュアップ(改正)されてきました。だから、ひと筋縄ではいかないのです。本書は、弁護士として労働法や企業法務を専門とする著者が、年間100回を超えるセミナー等を通じて相談されることが多いテーマを中心に、29項目のQ&Aで構成しました。



労働法 正しいのはどっち?無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


労働法 正しいのはどっち?詳細はコチラから



労働法 正しいのはどっち?


>>>労働法 正しいのはどっち?のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



利用者数が飛躍的に増加しているのがスマホで読めるコミックサイトです。数年前までは漫画は単行本で買うという人が圧倒的多数でしたが、電子書籍として買って読むという利用者が増えているようです。
漫画の虫だという人からすると、コレクションアイテムとしての単行本は価値があるということに異論はありませんが、読めるだけで満足という人であれば、スマホで見ることができるBookLive「労働法 正しいのはどっち?」の方がいいでしょう。
月極の利用料を支払ってしまえば、各種の書籍を思う存分読むことができるという読み放題コースが電子書籍で話題となっています。毎回毎回購入する手間が掛からないのがメリットと言えます。
現在進行形で連載されている漫画は何十巻と購入しなければならないため、あらかじめ無料漫画で読んでチェックするという方が増えつつあります。やっぱり大まかな内容を知らずに装丁買いするというのは難しいことだと言えます。
「漫画が多過ぎて置き場所がないから、購入するのをためらってしまう」という様な事がないのが、BookLive「労働法 正しいのはどっち?」のおすすめポイントです。気が済むまで買い入れても、収納場所を考える必要がありません。


労働法 正しいのはどっち?の詳細
         
作者名 労働法 正しいのはどっち?
労働法 正しいのはどっち?ジャンル 本・雑誌・コミック
労働法 正しいのはどっち?詳細 労働法 正しいのはどっち?(コチラクリック)
労働法 正しいのはどっち?価格(税込) 1620
獲得Tポイント 労働法 正しいのはどっち?(コチラクリック)