望みしは何ぞ 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの望みしは何ぞ無料サンプル&試し読み


摂関政治を終わらせた男が真に望んだものとは・・・?直木賞作家、永井路子が描く王朝貴族の野望と葛藤。藤原道長亡き後、王朝社会を操る黒幕となった息子藤原能信。皇子誕生を巡る貴族たちの思惑と歴史に翻弄される人々がたどる数奇な運命。『この世をば』に続く平安朝の物語を直木賞作家、永井路子が彩り豊かに描く。【著者紹介】大正14年東京生まれ。東京女子大学国文科卒業後小学館に入社し、『女学生の友』『マドモアゼル』の編集者を務める。小学館時代から歴史小説を執筆し始め、昭和39年『炎環』で直木賞を受賞。その他にも吉川英治文学賞を受賞した『雲と風と』等多くの素晴らしい作品を世に送り出している。男性的目線になりがちな歴史人物や歴史事件を解きほぐし、その陰になりがちな女性にも焦点をあて、歴史上の人物、出来事を鮮やかに浮かび上がらせる作風は、歴史小説に新風を巻き込んだものと評価されている。また、直木賞受賞作品である『炎環』、『北条政子』などは、NHK大河ドラマ『草燃ゆる』(1979年)の原作として、また『山霧 毛利元就の妻』『元就、そして女たち』などは、同じくNHK大河ドラマ『毛利元就』(1997年)の原作としても知られている。



望みしは何ぞ無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


望みしは何ぞ詳細はコチラから



望みしは何ぞ


>>>望みしは何ぞのレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



趣味が漫画という人からすると、コレクションのための単行本は大切だと思いますが、読めるだけで満足という人であれば、スマホで楽しめるBookLive「望みしは何ぞ」の方が重宝するはずです。
バッグなどを持たない主義の男の人達にとって、スマホで無料電子書籍を読むことができるというのは画期的です。荷物の量は増えないのに、ポケットにインして書籍を持ち歩けるわけです。
電子書籍を購入するというのは、ネットを媒介に文字とか絵などの情報を手に入れるということを意味するわけです。サービス提供会社が破綻してしまいますと利用できなくなるので、念入りに比較してから信頼のおけるを選択したいものです。
漫画や雑誌は、本屋でパラパラ見て購入するか購入しないかの判断を下す人が大半だと聞きます。しかしながら、昨今はBookLive「望みしは何ぞ」のサイトで1巻だけ買ってみてから、その本を買うか判断する方が増えているようです。
1ヶ月分の料金を入金すれば、多種多様な書籍を上限なく読めるという読み放題コースが電子書籍で人気を博しています。毎回買わずに読めるのが人気の理由です。


望みしは何ぞの詳細
         
作者名 望みしは何ぞ
望みしは何ぞジャンル 本・雑誌・コミック
望みしは何ぞ詳細 望みしは何ぞ(コチラクリック)
望みしは何ぞ価格(税込) 993
獲得Tポイント 望みしは何ぞ(コチラクリック)