Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveのWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書はポータビリティ(移植性)にフォーカスした書籍です。本書における「ポータビリティ」とは、ソースコード、特にCのソースコードをさまざまなOS、アーキテクチャで移植可能にしていくかということを指します。しかし、本書で取り上げていることは、C/C++だけに当てはまるものではなく、どのような開発環境でも通用するものです。本書では、ポータビリティを考える上で見落しがちな罠(必ずあると思っている関数は特定のアーキテクチャでは存在しない、テキストファイルですら互換性の問題を孕んでいるなど)、数値計算やデータ処理における各OS・アーキテクチャでの特徴的な事項といった多様な事柄を取り上げています。特に前半では、実例のCコード、筆者の作ったSALオーディオライブラリでの経験談、ポータビリティを実現するライブラリであるPOSH(Portable Open Source Harness)の利用例を豊富に掲載し、どういったところに留意すべきかをわかりやすく説明しています。いかに移植性の高いソフトウェアを書くか、つまり、いかに幅広い環境で動くようにするかについて留意すべきことはたくさんありますが、そのための簡単な法則というものはなく、移植性を高くするための多くの知識は散在しており、移植性の高いソフトウェアを開発するにはそれなりの経験がなければできませんでした。そのような知識・経験に基づく知恵を1冊の本にまとめたのが本書です。本書を読めば、移植性の高いコードをどのように書けばよいのかが理解できるようになるでしょう。名著『Write Portable Code』(2006年6月 日本語版、弊社刊行)、待望の復刊です。



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法詳細はコチラから



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法


>>>Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



無料電子書籍をうまく活用すれば、仕事でアポが飛んでしまっても、無意味に時間が過ぎ行くということが皆無になります。バイトの休み時間やバスなどで移動している時などにおいても、十分に楽しめると思います。
決まった月極め金額を納めることで、様々な種類の書籍を心置きなく読めるという読み放題プランが電子書籍で広がりを見せています。毎回毎回買わずに読めるのが最大の特徴と言えるでしょう。
BookLive「Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法」を使えば、家の一室に保管場所を用意するのは不要になります。新刊が出たからと言って書店に足を運ぶ手間も不要です。このようなメリットの大きさから、利用する人が増えているようです。
スマホで読む電子書籍は、普通の本とは違い文字の大きさを変更することが可能なため、老眼が進んでしまったご高齢の方でも、十分楽しむことができるという利点があります。
テレビにて放映されているものを毎週見るのは面倒臭いという人でも、無料アニメ動画として見られるものなら、ご自分の都合の良い時間帯に視聴することだって簡単にできるのです。


Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の詳細
         
作者名 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法ジャンル 本・雑誌・コミック
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法詳細 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法価格(税込) 4384
獲得Tポイント Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)