苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102無料サンプル&試し読み


牛丼チェーンの「すき家」やファミレス「ココス」などを傘下に抱えるゼンショー、日本マクドナルド、さらには居酒屋のワタミ……。外食業界を代表する大手企業が、2014年度決算で多額の赤字に陥った。競争激化に原材料高、人手不足などの問題を抱える外食業界は、この窮地を克服することはできるのか。 また、「マクドナルドの不振は、原田前社長時代の改革のツケ」との批判は正しいのか。2006年の『週刊東洋経済』掲載記事から原田時代に迫る。さらに、ブラック問題で非難集中「すき家」の小川社長インタビューも掲載! 本誌は『週刊東洋経済』2014年12月6日号、2006年8月5日号掲載の21ページ分を電子化したものです。●●目次●●逆風吹き荒れる外食業界日本マクドナルド「チキン問題で巨額赤字に」原田改革の超真相Interview 原田泳幸 日本マクドナルドホールディングス代表取締役会長兼社長兼CEO(当時)松屋、吉野家、すき家「泥沼の安売り競争で疲弊」すかいらーく「勝ち残りへの改革続く」ワンオペの大きな代償。すき家、営業縮小で窮地バイト集まらず、外食各社が悲鳴Interviewゼンショーホールディングス会長兼社長 小川賢太郎「すき家のブラック批判にすべて答える」



苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102詳細はコチラから



苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102


>>>苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



購読しようかどうか判断に迷う漫画があれば、BookLive「苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102」のサイトで無償の試し読みを利用してみることをおすすめしたいですね。読んでみて読む価値はないと思ったら、購入する必要はないわけです。
本の販売不振が製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までとは違う仕組みを導入することで、新規利用者を増やしつつあります。前代未聞の読み放題という利用の仕方がそれを現実化したのです。
アニメを満喫するのは、心身をリフレッシュするのに凄く役に立ってくれます。ややこしい話よりも、シンプルな無料アニメ動画などの方が賢明です。
BookLive「苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102」を使えば、自宅に保管場所を用意する必要は全くなくなります。欲しい本が発売されても本屋へ出向く手間も省けます。こうした特長から、愛用者が増えているというわけです。
「どの業者で本を買うことにするか?」というのは、それなりに大切な事です。購入代金とかシステム内容などに差異があるのですから、電子書籍と申しますのは色々比較して決めなければいけないと思います。


苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102の詳細
         
作者名 苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102
苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102ジャンル 本・雑誌・コミック
苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102詳細 苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102(コチラクリック)
苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102価格(税込) 216
獲得Tポイント 苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102(コチラクリック)