漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101無料サンプル&試し読み


戦後、焼け野原だった東京で井深大と盛田昭夫が創業したソニーは革新的な商品を次々と開発し、世界的なブランドに育った。だが、2000年代に入ってからは業績の低迷が続いている。漂流する巨船・ソニーはどこに向かうのか。 収益改善を進める平井社長の手腕や、北朝鮮からのサイバーテロで話題になった映画『ザ・インタビュー』をめぐる波紋をまとめた。 さらに、1999年ソニーが輝いていた時の出井社長が語った「ザ・ソニー」や、出井氏の退陣インタビューに加え、創業者・井深氏の53年前のインタビューや異色の3代目大賀氏の素顔なども収録。 本誌は『週刊東洋経済』2015年8月9・16日号、9月27日号、11月8日号等掲載の33ページ分を電子化したものです。●●目次●●復活を託されたナンバー2の実像経営トップの機能不全。迷走は続くソニーが輝いていた時 出井社長が語った「ザ・ソニー」異色の3代目 大賀典雄退陣インタビュー「10年後を作る経営をした」出井CEO瀕死のソニー・ピクチャーズはこうして救われたソニーの60日間。映画はパンドラの箱を開けた その時、平井は SPEの実力値 危機を克服した盛田正念場のソニースマホ伝説の創業者インタビュー 井深 大



漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101詳細はコチラから



漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101


>>>漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



漫画コレクターだという人からすると、コレクションとしての単行本は大事だと思いますが、「漫画は読めれば十分」という人の場合は、スマホ経由で読めるBookLive「漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101」の方がおすすめです。
「手の届く場所に保管したくない」、「読んでいるということを押し隠したい」と感じてしまう漫画でも、BookLive「漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101」を巧みに利用すれば誰にも悟られずに読むことができるのです。
BookLive「漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101」の拡販戦略として、試し読みができるというシステムは画期的なアイデアではないかと思います。時間に関係なくマンガの内容を読むことが可能なので、休憩時間を賢く利用して漫画をチョイスできます。
BookLive「漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101」のサイトによって異なりますが、1巻全部を無償で試し読み可能というところも若干あります。1巻を読んで、「面白いと感じたら、残りの巻を有料にて入手してください」というサービスです。
日常的に山のように本を読むと言われる方からすれば、月毎に同一料金を払うことによりいくらでも読み放題で閲覧することができるというユーザー目線のサービスは、まさしく斬新だと言えそうです。


漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101の詳細
         
作者名 漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101
漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101ジャンル 本・雑誌・コミック
漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101詳細 漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101(コチラクリック)
漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101価格(税込) 324
獲得Tポイント 漂流する巨船 ソニー―週刊東洋経済eビジネス新書No.101(コチラクリック)