出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書) 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)無料サンプル&試し読み


本のオモテとウラを知る。 著しい読書、書店離れに加え、電子書籍の規模が広がり、紙の書籍がますます売れなくなる時代。そんな時代にあって、「編集者」兼「著者」兼「出版社経営者」の中川右介氏は、買った本4万冊、作った本・雑誌500冊、書いた本50冊、読んだ本冊数不明、自らを「代表取締役編集長」と呼び、本のオモテとウラに通暁した人物。また、出す本の重版率が高く、書評で取り上げられる割合も極めて高い、まさに本の世界の“グランドスラム”です。そんな著者ゆえに語れる購書術、つまり本の賢い「買い方」を詳述する1冊が本書。 今の時代にあっては、1冊の本が書店、古書店、ブックオフなどの新古書店、さらにネットオークション、電子書籍など買い方にも多様な選択肢があり、価格も実質、一物多価といえる状況です。では、そもそも本の値段とは何か、どう買えばいいのか――。世に読書術の本が数多あるなか、本の買い方を徹底的に思考し、指南する本は、おそらく日本初ではないでしょうか。 全ての本好きに贈る、あるようでなかった究極の本の買い方術です。



出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)詳細はコチラから



出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)


>>>出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



不要なものは捨て去るという考え方が数多くの人に分かってもらえるようになった今日、本も書物形態で持つことなく、BookLive「出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)」越しに愛読するという人が急増しています。
1~2年前までは本を購読していたといった方も、電子書籍を試してみた途端、便利なので戻れないということがほとんどらしいです。コミックサイトも1つや2つではありませんから、絶対に比較してから選ぶようにしましょう。
BookLive「出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)」を読むなら、スマホに限ります。パソコンは重たいので持ち運べませんし、タブレットもバスとか電車内などで読むというような時には、大きすぎて利用しにくいと考えることができます。
「どこのサイト経由で本を手に入れるか?」というのは、結構重要なポイントだと言えます。購入費用とか利用方法などが異なるわけですから、電子書籍につきましては比較検討しなければいけないと断言できます。
読んでみた後で「想像よりも面白さが伝わらなかった」と後悔しても、本は返品できません。だけど電子書籍なら先に試し読みをすることができるので、こうした状況を防ぐことができるというわけです。


出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)の詳細
         
作者名 出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)
出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)ジャンル 本・雑誌・コミック
出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)詳細 出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)(コチラクリック)
出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)価格(税込) 777
獲得Tポイント 出版社社長兼編集者兼作家の購書術(小学館新書)(コチラクリック)