中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97無料サンプル&試し読み


賃金上昇や人民元高などで中国での生産コストが高まり、中国よりもインドネシア・タイへの投資を優先する日本企業が増えている。 中国の生産年齢人口は15年にピークを迎える見通しだ。豊富な労働力を安く提供するという発展モデルは維持できない。一方、都市住民の消費レベルは急速に向上している。「世界の工場」を市場に変えることはできるのか。中国で急拡大中のイオンのショッピングモールや無印良品、日本式介護施設など、最新情報を交えながら「中国ビジネス新常識」を紹介。 本誌は『週刊東洋経済』2014年11月15日号掲載の36ページ分を電子化したものです。●●目次●●中国 高成長の終わり習近平5つの試練 【1経済政策】過剰投資抑制に全力 【2不動産市場】崩落回避へ政策転換 【3企業改革】技術革新を誰が担う 【4法治の推進】地方への統制がカギ 【5近隣外交】経済力使い緊張緩和習近平を動かす2つの危機感【現地報告】地方の「官製バブル」は崩壊寸前 看板政策・都市化の落とし穴アリババだけじゃない! 世界が認めた中国の成長企業 【復星集団】中国のバフェット、日本投資の全貌 【奇虎360科技】百度を脅かすネット市場の風雲児 【華為技術】通信のガリバー、その発想と危機感  金融でアリババ追うテンセントInterview日本は中国とどう付き合うべきか【中国ビジネス7つの新常識】「世界の工場」を市場に変える 【新常識1】消費の進化は日中で同時進行(イオン、ヨーカ堂) 【新常識2】モール建設数は世界ダントツ 【新常識3】成金趣味を卒業。無印良品が大攻勢 巨大モールの増殖で圧倒される百貨店 【新常識4】介護福祉には国策の追い風 【新常識5】自分でやるより出資で儲ける 【新常識6】撤退には相応の覚悟と準備を 【新常識7】法令順守要求は先進国並みに



中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97詳細はコチラから



中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97


>>>中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



「どのサイトを通して書籍を購入することにするのか?」というのは、案外大事な事です。料金やサービスの中身なども色々違うので、電子書籍については比較検討しなければいけないでしょう。
コミックを購読するつもりなら、BookLive「中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97」で軽く試し読みをするというのが今では一般的です。大まかなあらすじやキャラクターの雰囲気などを、前もって見ておくことができます。
新刊が出るたびに書店まで行って買うのは面倒臭いです。そうは言っても、一気買いは面白くもなんともなかった時の精神的なダメージが甚大です。BookLive「中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97」なら一冊一冊買えるので、失敗することも最小限に留められます。
日頃から沢山漫画を買うという方にしてみれば、固定の月額料金を支払うだけで何冊であっても読み放題で楽しめるという利用方法は、まさしく先進的と言えるでしょう。
漫画が好きな事を他人にバレたくないという人が、最近増加しているらしいです。家に漫画を隠しておく場所がないというような状況でも、BookLive「中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97」を使えば誰にも知られることなく漫画に没頭できます。


中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97の詳細
         
作者名 中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97
中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97ジャンル 本・雑誌・コミック
中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97詳細 中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97(コチラクリック)
中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97価格(税込) 324
獲得Tポイント 中国ビジネス新常識―週刊東洋経済eビジネス新書No.97(コチラクリック)