「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。マネジャーの悩みの多くは、技術的な問題解決よりもチームマネジメントにあります。チーム内の人間関係は、納期や品質などの利益に多大な影響を及ぼし、企業成長の成否を決めることも多いのです。本書は、社内の生産性を向上させるために必要な、「部下の自発性の引き出し方」と「自分で考えることのできる人材の育成のポイント」をわかりやすく解説します!【目次】第1章 まず、押さえておきたいコーチングの基本の基本 なぜ、あなたの部下は「話を聞いてもらえない」と感じてしまうのか? 不安が強いほど関係づくりは困難。部下が話しやすい環境をつくろう など第2章 上司を悩ませる「困った社員」「問題社員」はどうして出てくるのか 部下が言い訳をする原因は「自己正当化」と「後悔からの逃げ」 「あきらめ」の気持ちから、部下は上司に無言で対抗する など第3章 上司としての意識改革と部下へのアプローチ 「できるかできないか?」ではなく「やるかやらないか?」と問う 「脱線」は伝え忘れの大きな原因! まず「会話の目的」を明確にする など第4章 「問題社員」に見える部下の気持ちをどう捉え、どうアプローチしていくか 部下が上司に伝えたい、聴いてもらいたい「本当の思い」 部下の「思考パターン」をつかみ、想定の範疇を広げていく など第5章 [ケース別]問題の起こる瞬間とその対処法 「なんで私ばっかり?」と、被害者意識になってしまう部下 自分の意見を言う際に「でも……」が多い部下 など



「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本詳細はコチラから



「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本


>>>「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



ショップでは、展示スペースの関係で扱える漫画の数が制限されてしまいますが、BookLive「「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本」ではそういった問題が起こらないため、少し古い漫画も多々あるというわけです。
老眼で近場の文字が見づらくなってしまったという読書が好きな高齢者には、スマホ上で電子書籍が読めるというのはすごいことなのです。文字サイズを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
単行本は、書店で立ち読みして購入するかを決定する人が大半です。しかし、今日ではひとまずBookLive「「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本」サイトで1巻を購入し、それを買うかどうか判断する人が増えているとのことです。
いつでも無料漫画が読めるという理由で、ユーザー数が増加するのは当然だと言えるでしょう。書店と違い、他者の視線を気に掛けることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍ならではのメリットだと言っても過言ではありません。
「手持ちの漫画が増え過ぎて困っているから、購入したくてもできない」とならないのがBookLive「「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本」を一押しする要因です。どれだけたくさん購入し続けても、整理する場所を心配せずに済みます。


「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本の詳細
         
作者名 「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本
「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本ジャンル 本・雑誌・コミック
「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本詳細 「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本(コチラクリック)
「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本価格(税込) 1296
獲得Tポイント 「コーチング」で部下とのコミュニケーションがとれる本(コチラクリック)