アメリカの会計原則 2012年版 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveのアメリカの会計原則 2012年版無料サンプル&試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。日本においても、日本におけるIFRS採用の動向や、日本の会計基準のIFRSへのコンバージェンスの議論などに関連して、アメリカの会計基準の動きが直接的にまたは間接的に日本の会計基準に影響を与えており、その動向には多くの関心が寄せられている。こうした環境下にあって、アメリカの会計基準の動向を理解することは、今後のIFRSおよび日本の会計基準の動向を見極めるうえでも重要であり、直接アメリカの会計基準を適用している企業の経理・財務担当者はもとより、IFRSの導入準備を進めている企業の関係者や日本基準の将来動向に関心を持つ方々にとっても有益であると思われる。本書は、2011年6月までに公表されたアメリカの会計基準を対象として取扱っており、本書を執筆するにあたっては、以下の点に重点を置いている。1.実例を豊富に取り入れ、また、説明をできるだけ平易に行い、職業会計人、企業の経理担当者はもちろんのこと、一般ビジネスマン、学生等にも容易に理解できる内容にした。2.アメリカの会計基準の主たる項目を網羅的に取入れる一方、各項目の会計処理および開示内容については、そのポイントを短時間で理解できるようにした。3.適宜、会計基準等の原文を参照しやすいよう、主な会計基準等の関連パラグラフを記載した。4.実務に役立つように、可能な限り充実した解説を加えた。5.アメリカの会計基準の説明に加え、適宜、日本の会計基準およびIFRSとの比較を織り込んだ。【主な内容】第1章 最近のトピックス第2章 アメリカの会計原則第3章 連結決算と持分法第4章 公正価値の測定第5章 金融商品第6章 外貨関連事項第7章 非貨幣取引第8章 収益の認識第9章 棚卸資産第10章 リース会計第11章 利子費用の資産化第12章 資産除去債務第13章 減損会計第14章 研究開発費第15章 ソフトウェア第16章 企業結合第17章 退職その他の従業員給付第18章 株式報酬など。



アメリカの会計原則 2012年版無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


アメリカの会計原則 2012年版詳細はコチラから



アメリカの会計原則 2012年版


>>>アメリカの会計原則 2012年版のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



使っている人がいきなり増加してきたのが昨今のBookLive「アメリカの会計原則 2012年版」です。スマホで漫画を楽しむことが可能なわけですから、敢えて書籍を携帯する必要もなく、外出時の荷物が軽減できます。
漫画好きを他人に知られたくないという人が、このところ増えていると言われます。自分の部屋に漫画は置けないというような場合でも、BookLive「アメリカの会計原則 2012年版」であれば他の人に内緒で漫画がエンジョイできます。
BookLive「アメリカの会計原則 2012年版」が大人に話題となっているのは、小さかった頃に何度も読んだ作品を、改めて手っ取り早く楽しむことができるからだと言っていいでしょう。
「アニメというのは、テレビ番組になっているものしか見ない」というのは時代遅れな話と言えるでしょう。どうしてかと言いますと、無料アニメ動画などをネット上で視聴するというパターンが浸透しつつあるからです。
コミックサイトは1つしかないというわけではないのです。それらのサイトを絶対に比較して、自分のニーズにあったものを1つに絞るようにしていただきたいです。そうすれば後悔することもなくなります。


アメリカの会計原則 2012年版の詳細
         
作者名 アメリカの会計原則 2012年版
アメリカの会計原則 2012年版ジャンル 本・雑誌・コミック
アメリカの会計原則 2012年版詳細 アメリカの会計原則 2012年版(コチラクリック)
アメリカの会計原則 2012年版価格(税込) 3304
獲得Tポイント アメリカの会計原則 2012年版(コチラクリック)