放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅無料サンプル&試し読み


やろうと決めて努力すれば、できないことは何もない。「自分の体力で自転車世界一周ができるか」。11年前、こんな思いにかられて、6年間の住宅メーカー勤めでためた600万円を元手に、愛車にまたがって旅に出た。日本を拠点にした場合の「自転車世界一周」の定義は、「大西洋を挟んで2大陸以上を走破し、赤道を越えること」。3年半ほどかけて60ぐらいの国を回れば、と思っていたが、行きたくなったところを走っているうち、訪れた国は130か国に。走行距離は地球4週分に近い15万1849kmになった。南極以外の大陸はすべて走った。タイヤ82本、チェーン15本をつぶし、ペダルは5回交換した。「世界一周」を果たした日本人は約70人いるが、117か国、11万6780kmというこれまでの通過国数、走行距離の記録を大きく塗り替えた。ブラジルではサッカーの王様ペレさん、米国ではカーター元大統領に、アポなしで面会した。「頑張って旅を続けて」と励まされた。アフリカ南部のナミブ砂漠では、面会したくないハイエナが2頭現れた。料理用ナイフを握りしめ、野宿のテントの中でじっとしていたが、「立ち去った後も不安だった」。日本アドベンチャー・サイクリストクラブの「地球体験ぺダリアン大賞」を受賞。苦楽を共にした愛車とゴールに決めた授賞式に臨み日焼けした顔に笑みを浮かべた。やろうと決めて努力すれば、できないことは何もない。やろうとしなければ、チャンスは逃げていく。世界一のものを求めて、単身、自転車で世界を走破した青年の手記。



放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅詳細はコチラから



放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅


>>>放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



BookLive「放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅」が30代・40代に受けが良いのは、幼少期に幾度となく読んだ漫画を、改めてサクッと閲覧できるからだと言えます。
「比較しないまま決定した」と言う人からしたら、無料電子書籍はどれも似たり寄ったりという考えなのかもしれないですが、サービスの内容は各社違いますので、比較することは結構大事です。
幅広い本をいっぱい読むという人からすれば、次々に買うというのはお財布への負担が大きいと言えます。でも読み放題であれば、書籍購入代金を減らすことも出来なくないのです。
無料漫画をわざわざ置くことで、訪問者を増やし収益増に結び付けるのが電子書籍を運営する会社にとっての目論みですが、当然利用者側も試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
実際に放映されているアニメをオンタイムで追っかけるのは困難だとおっしゃる方でも、無料アニメ動画として視聴できるものなら、あなた自身の都合に合わせて楽しむことが可能だというわけです。


放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅の詳細
         
作者名 放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅
放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅ジャンル 本・雑誌・コミック
放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅詳細 放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅(コチラクリック)
放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅価格(税込) 1296
獲得Tポイント 放浪哲学 11年かけて130カ国15万キロの自転車ひとり旅(コチラクリック)