「母のことなど17の小品」 無料 お試し 電子書籍 評判


BookLiveの「母のことなど17の小品」無料サンプル&試し読み


1965年(昭和40年)11月に刊行された山本利男の2冊目の詩集。自分の生にかかわる感動を詩にしていた20代後半の作品から、17篇を自選している。夭折した兄への思い「鯖雲」や、流産で亡くした第一子と妻の「部屋」「蚊帳」。そして「母」の詩に見られる素直なまでの思慕は、長兄を失ったあとの唯一の男子をいかに愛した母親であったかが読み取れる。“ぼくはいよいよ肥っていかねばならないのだ”作品「母」この最終行と「あとがき」の“わたしはいよいよ人生の中核にすすむ年代になった”が呼応するが、大人の純粋について思念することは変わらないだろうと青年山本は予見している。この詩集から十年後、筆名を十四尾と変えたことも、三十代をまたいだこのときに構想していたのかもしれない。 石下典子



「母のことなど17の小品」無料サンプル&試し読み
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「母のことなど17の小品」詳細はコチラから



「母のことなど17の小品」


>>>「母のことなど17の小品」のレビューはこちら<<<

ブックライブ関連YOUTUBE



利益に直結しない無料漫画を敢えて提案することで、集客数を上げそこから販売につなげるのが販売会社サイドの狙いということになりますが、逆の立場であるユーザー側も試し読みができるので、躊躇なく購入できます。
日々新たな漫画が配信されるので、何冊読もうとも読みたい漫画がなくなる心配は不要というのがコミックサイトの長所です。書店では販売されないちょっと前のタイトルも閲覧できます。
非常に多くの人が無料アニメ動画を見ているのです。ぽっかり空いた時間とか移動途中の時間などに、気軽にスマホで見ることが可能だというのは、非常に重宝します。
BookLive「「母のことなど17の小品」」のサイトそれぞれですが、1巻丸々フリーで試し読みできるというところも存在しています。1巻を読んでみて、「面白いと感じたのであれば、続きの巻を有料にてDLしてください」という販売システムです。
購入した書籍は返すことが出来ないので、内容をざっくり確認してから購入したいと考える人には、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍はメチャクチャ使えます。漫画も軽“く立ち読み”してから買うことができます。


「母のことなど17の小品」の詳細
         
作者名 「母のことなど17の小品」
「母のことなど17の小品」ジャンル 本・雑誌・コミック
「母のことなど17の小品」詳細 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)
「母のことなど17の小品」価格(税込) 540
獲得Tポイント 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)